TOP記事

TOP記事なるものも書いておこうかと。

 

基本はシングルを。

他のルールも楽しむ程度にやってます。

6世代の最高レートは

シングル:2117

ダブル:1894

トリプル:1786

ローテ:1712

スペシャルは覚えてません。

 

7世代は忙しさがあって楽しんではいますがシングルの2005が最高で他はあんまやってないです。

 

 

シーズンごとに構築記事の真似事と雑に考えた単体考察、仕様、あとは暇なときにクソ記事なんかだと思います

 

記事的にはシーズンの終わりに日記的に構築を乗せたりしょーもない単体考察、仕様の検証、あとはネタ記事とにゃんこ大戦争もたまにって感じですね。

 

Twitterやってるので何かあれば@0920Allに連絡してください。

 

 

Twitterアカウント : @0920All

全然大丈夫

僕「全然大丈夫です。」

 

めんどくさい国語の先生「『全然〜』を含む文章は『〜ない。』が必要なんだよ。」

 

もっとめんどくさい僕「日本語には分かり切ったことを省略する文化があります。先ほど僕が言った『全然大丈夫です。』という文章においては『全然かっこ問題ないですかっことじる、大丈夫です。』と『問題ない』を省略しているだけなので『全然〜』の用法に誤りはないと思います。そんなことも察せないなら二度と登場人物の心情や筆者の考えを推測させるような問は出題するな。」

交通弱者

帰り道、最寄駅からチャリンコで坂道を登る。

少し前にチャリンコの買い物カゴいっぱいに荷物を入れたおばちゃんが同じく坂を登っている。

おばちゃん?

というには若過ぎるか、いやでもお姉さんってほど若くもない。

まぁおばちゃんでいいか。

その更に先から多分坂の上の中学からの帰り道であろう男子の集団。

勢いが死ぬおばちゃんのチャリンコ。

坂道+大荷物+チャリンコ、地獄だな。

広がって歩くな邪魔だ邪魔。

わかる、わかるよ、俺もやってた中学生のときはやってた。

今になってやっとちゃんと理解した気がする。

クソ邪魔。

 

歩行者が常に交通弱者とは限んねえな。

そう思った。

 

【日記】S14使用構築 身分証明ガルランド 【2000達成】

f:id:sosogi:20190401044418p:image

 

○はじめに(ここは読み飛ばてよし)

7世代では集中して潜れる時間を確保できず、特にUSUMに入ってからは2000に1度も乗っていないという有様だったため2000到達というレート勢を名乗れる最低限のラインに届いたことがとても嬉しい(語彙力の低下)。そんな意味での身分証明。

メインロムは初2000だし一応保存しておいてサブロムで上を目指そうってことにしたのだが終盤サブロムがダメダメだったので結局乗せただけで終わってしまった。USUMで初めて乗せた2000を溶かしてシーズンを終えた方が多分後悔するので日和っておいた。

f:id:sosogi:20190324233946j:image

 

 

○個体紹介

f:id:sosogi:20190313123449g:plain

■ガルーラ@ガルーラナイト 

実数値(メガ前):203-159-101-×-106-116 きもったま

   (メガ後):203-192-121-×-126-126 おやこあい

努力値:180-236-4-0-44-44 いじっぱり

技構成:やつあたり/ほのおのパンチ/ふいうち/ねこだまし

 

●調整意図

S:最速テッカグヤ抜き抜き

H:6n-1

D:ダウンロード対策、207-122に比べ211メガリザY(C252振り)の晴れオーバーヒート、147コケコ(C252振り)のEF下Z10まんボルト等メジャーな特殊技の乱数が2つズレる

A:残り

B:余り

 

●参考ダメージ(急所非考慮)

・145-96テテフ(B4振り)をやつあたりで超高乱数1発(253/256)

・167-222ギルガルド(補正ありHB252振り)をじしんで確定2発

・171-129メガギャラ(H4振り)をメガねこだまし+やつあたり+ふいうちで確定

・155-116ミミッキュ(メガラグの雨たきのぼり耐えのやつ)をじしんで超高乱数2発(65535/65536)

・147コケコ(C252振り)のEF下Z10まんボルトを最高乱数切り耐え

・C232メガリザY(補正ありC252振り)の晴れだいもんじ最高乱数切り耐え

 

●個別雑感

潰し兼スイーパー兼ストッパー。高速格闘以外のほぼ全てのポケモンに殴り合いをしかけられ、ねこだましによる様子見もできるため初手の安定感は抜群だった。できる仕事が多いだけに選出段階でガルーラのHPの使い所を見極めておくことが重要。炎のパンチの枠はガルドに調子乗られるのが嫌だったのとバンギラスが重かったため気分で地震と入れ替えていた。火傷ワンチャンもなくなりテッカグヤナットレイ入りに一気に選出しづらくなるが非接触という点がとても優秀かつクチートメタグロスに対しても高火力のサブウェポンを持てるためとても悩ましかった。新規で育成するガルーラに未だにゴツメ意識の6n-1調整を施している人がもしいたら握手したい。

 

 

 f:id:sosogi:20190313123751g:plain

ランドロス@フィラのみ 

実数値:196-165-156-125-101-99 いかく

努力値:252-0-252-0-4-0 のんき

技構成:じしん/めざめるパワー(氷)/とんぼがえり/どくどく

 

●調整意図

H:ぶっぱ 4n

B:特化

D:余り

 

●参考ダメージ(急所非考慮)

・156ミミッキュ(補正ありA252振り)の+1Zじゃれつくを確定耐え

 

●個別雑感

クッション枠。信用していいほど硬くはない、というか役割対象のマンダの火力が頭おかしいので割と可哀想なポジション。環境上位のメガ枠が特殊技もしくは強力な特性の乗った氷技を持っていることが多いため意外と出せないことが多い。めざパを持ってることで物理マンダに強いようなツラをしているが特化おんがえしが高乱数2発なので交換際に舞われると普通にしばき倒される。当然特殊型には対応できないためマンダに後出しするときは可能な限り一旦ギルガルドを挟んでいた。メガミミロップバシャーモなどの高速格闘に対しては威嚇を入れてガルーラやギルガルドで対応することもあったので受けが効かなくなっても残す価値はある。

 

 

 f:id:sosogi:20190313124036g:plain

ゲッコウガ@ミズZ ひかえめ

実数値:147-×-88-170-91-174 げきりゅう

努力値:0-0-4-252-0-252 ひかえめ

技構成:ねっとう/ハイドロカノン/ちょうはつ/みがわり

 

●調整意図

S:準速

C:特化

B:余り、A無振りリザXのニトチャの乱数がズレる

 

●参考ダメージ(急所非考慮)

・157-163ドヒドイデ(H252D4振り)を激流ねっとう×2+激流Zハイドロカノンで確定

C73ドヒドイデ(C無振り)のねっとうを身代わりが確定耐え

 

●個別雑感

自慢のゲッコウガ枠。カバリザを消し飛ばす、対ドヒドグライを頑張ってもらう。挑発についてだが体感で水手裏剣を押すことが少なく、押しても届かない、最も撃ちたい相手であるバシャーモがサイコフィールドに守られていることがよくあるなど使用感に疑問があったためこの枠をいろいろいじっている際に辿り着いた。ドヒドイデスイクン、蓄えるヌオーといった耐久水の崩しを主眼に採用したがZを消費した後にギャラドスに舞われるのを防ぐ手段にもなった。耐久水の崩しとしては奮い立てる悪波型も優秀だがあくまでZハイドロカノンの瞬間火力は維持しておきたかったため採用は見送った。そのほか裏のガルーラの不意打ちやゲンガーの道連れ、ガルドランドの毒々とも連携が効いていて非常に使いやすかった。また悪タイプのエスパー耐性、悪戯心耐性によりイーブイバトンの起動役をフーディン以外だいたい完封でき、不意のねばねばネット展開などに刺さる副次的な効果もあった。最速メガメタグロスメガルカリオカミツルギなど上を取っておきたい相手も数多くいるため性格は諸説。

 

 

f:id:sosogi:20190313124753g:plain

ギルガルド@たべのこし 

実数値(シールド):165-×-173-70-222-68 バトルスイッチ

   (ブレード):165-×-73-170-112-68 

努力値:236-0-20-0-252-0 おだやか  ※S個体値7

技構成:シャドーボール/どくどく/みがわり/キングシールド

 

●調整意図

H:みがわりのHPが41になる奇数で最小

D:特化

B:残り

S:無振りカバルドン抜き、最遅ナットレイのジャイロボールの威力が78

 

●参考ダメージ(急所非考慮)

・132コケコ(C132振り)のEF下+1Z10まんボルトを確定耐え

・178バシャーモ(補正ありC252振り)の珠めざめるパワー氷+珠だいもんじをシールドフォルムで確定耐え

・191メガゲン(C4振り)のシャドーボールをキングシールドを挟んで高乱数2耐え(243/256)

・222ギルガルド(C補正あり252振り)のキンシ貫通Zシャドーボール+シャドーボールをシールドフォルムで確定耐え

・171ギルガルド(C4振り)のシャドーボールをブレードフォルムで確定耐え

・170ゲッコウガ(補正ありC252振り)のねっとうをシールドフォルムのみがわりが最高乱数切り耐え

・156ミミッキュ(補正ありA252振り)のZシャドークローを高乱数耐え(14/16)

・145ポリゴン2(補正ありC52振り)の10まんボルトをシールドフォルムのみがわりが確定耐え

・114ナットレイ(A無振り)のジャイロボールをブレードフォルムのみがわりが最高乱数切り耐え

・114ナットレイ(A無振り)のタネマシンガンをブレードフォルムのみがわりが3発連続最高乱数未満までなら耐え

 

●個別雑感

パーティの実質的な主軸。特殊方面はとにかくわけわからんぐらい硬い。中火力ポケモンの一致抜群技くらいならキンシ挟めば2耐えできる。またブレードフォルムがシールドフォルムの半分程度の耐久になるためシールドフォルムで2耐えできる攻撃はブレードフォルムで1発耐えて強引に削りを入れることもできる。みがわりポリ2はだいたいシャドーボールを持っていないためPP枯らしで相打ちくらいには持っていける。半端なSラインはナットレイのジャイロボールに対してブレードフォルムでみがわりを残すために最遅を試し、カバルドンに上を取られていることで毒を入れて退場などの動きができないことが気になった結果でこうなった。カバリザナットや雨ナットに対してはゲッコウガミミッキュナットレイを盤面に引きずり出してみがわりを確実に残し裏の2枚を毒殺する。サイクルを形成できるランドロスは言わずもがな、ガルーラやゲッコウガとも相性補完に優れるため型のわからないゲンガーやギルガルドゲッコウガに対する一時的な引き先としても優秀だった。参考ダメージがいっぱいあるのは型を割る役を担っていたから。

 

 

f:id:sosogi:20190313124820g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ 

実数値:155-154-100-×-125-126

努力値:196-236-0-0-0-76 いじっぱり

技構成:シャドークロー/ドレインパンチ/かげうち/つるぎのまい

 

●調整意図

S:最速テッカグヤ抜き抜き、メガガルーラと同速

A:11n

H:残り

 

●参考ダメージ(急所非考慮)

・171-171メガメタグロス(H124B4振り)をZシャドークロー+かげうちで確定

・216メガメタグロス(補正ありA252振り)のバレットパンチを確定耐え

 

●個別雑感

はがねタイプおよびウルガモスに対して強めな剣舞ゴーストZで採用。テンプレのマンダ軸に出すことがあまりなかったためじゃれつくを切ってドレインパンチを搭載した。ナットドランのようなまもるを持つことが多い鋼枠に安定択となる場合があるほかゴーストZを持ったままガルーラやカビゴンに対して多少抗えるようになるため便利な技だった。素猫や素グロウが残っていたりほのパンやけどがなければ大体のガルーラには勝てるはず。サザンドラに向かってZシャドークローをぶっ放すと裏のメタグロスが死んだこともよくあったが、あくまでギルガルドのシャドボや毒キンシ圏内にサザンドラを押し込み後出し出来なくすることを意識してたので許してほしい。あとこれだけは忘れないでほしいがシャドークローは急所に当たりやすい。

 

 

 f:id:sosogi:20190325000559g:image

■ゲンガー@ゲンガナイト 

実数値(メガ前):165-×-80-165-98-162 のろわれボディ

   (メガ後):165-×-100-209-118-182 かげふみ

努力値:236-0-0-0-20-252 ひかえめ

技構成:シャドーボール/ほろびのうた/みちづれ/まもる

 

●調整意図

S:準速

H:HSメガゲン、ミミッキュ意識

D:残り

 

●参考ダメージ(急所非考慮)

・155-131メガメタグロス(D4振り)をシャドーボールで中乱数1発(11/16)

・159-124メガゲンガー(H188D68振り)をシャドーボールで高乱数1発(12/16)

・156ミミッキュ(補正ありA252振り)の+2かげうち最高乱数切り耐え

・191メガゲンのシャドーボール(C4振り)のシャドーボールを高乱数耐え(12/16)

 

●個別雑感

毒やミズZの通らない受け回しへのサイクルカット枠。おくびょうで採用していたがシャドボの火力あった方が使いやすいと教えてもらい考えた結果、S183〜199の間に積極的に相手するポケモンがいないことに気付きひかえめに変更した。CSメガゲンに対するワンチャンが完全に消え失せるがH振りメガゲンミラーやメタグロスへの乱数が多少有利になる。ガルーラの不意打ちやミミッキュ剣舞かげうち、ギルガルドからの反撃を嫌ってか選出されるものはHSベースが多かったためそれほど問題なかったと捉えている。

 

 

○重いポケモン、並び

・ほのおタイプ全般

炎耐性があるのがゲッコウガのみであるため一貫が凄まじく特にガルーラに強いバシャーモほのおのからだウルガモスの処理には手を焼く。

・おにび持ち

対面に強い駒、また積みポケモンのストッパーとしてガルーラとミミッキュを採用しているため鬼火持ちはかなり重い。特にリザX、ウルガモスはほのおタイプにも該当し型が割れていない段階ではむしろガルーラで見る選出をすることも多いためイージーを取られがち。

ボーマンダ

ゲッコウガれいとうビームを、ミミッキュがじゃれつくを切っているため有効打が少ない。みが羽龍舞は地面技がなくガルドで粘れる、地震羽龍舞はランドロスで確実に毒が入れられる、羽を切った個体はガルーラ、ミミッキュで縛りやすい、となんとかなっているように見えるがギリギリのバランスで成り立っているためどうしようもない時はどうしようもない。

・メガハッサム

ガルーラの気分が地震のときは削ってZハイドロカノンするかミミッキュがバレパン耐えてZシャドークローしてくれるのを祈るしかない。

・挑発グライオン

ドヒドグライポリ2に対してはゲンガーでグライオンかポリ2を退場させてギルガルドで詰めるかゲッコウガでブチ抜くかというルートを取るためグライオンに滅びゲンガーを綺麗に処理される技があると死ぬ。

・おいうち枠+受け回し

ラキムドー、カグヤレヒレなどのZ枠のストッパーがいる並びはゲンガー以外の5枚で崩し切れないためゲンガーを選出したいが追い撃ち枠をちらつかされると当然選出しづらい。ちなみにアローラベトンが出てきたことはないのでバンギだけ気にしとけばいいかもしれないしバンギも追い撃ち入れてる余裕はないらしいのでいっそ気にせず出した方が勝てるかもしれない。

・カバレヒレ

カバルドンをワンパンできる駒がゲッコウガのみでその他の処理ルートが主に毒であるためレヒレがいると相当シビアな先発選びと立ち回りを要求される。

・ヤミヌケ

当たった時点で運負け、安定行動だけでイージーとられる。

 

 

○総括(ここも読まなくてもいいです)

かねてから興味のあったガルランドに手を出してみた。微調整と軽い地雷要素は加えたものの概ねテンプレの構成を踏襲したオーソドックスな構築となった。パワーと安定感のある並びに先人達の偉大さを感じた。テンプレはつえーからテンプレ。攻撃技は非Zで放つハイドロカノンを除いて命中100で固められており構築段階での運負け要素は毒外し以外にほぼないため非常にストレスが少なかった。ガルーラ、ギルガルドミミッキュ、ゲンガーがかなり役割対象を広く取れるぶん誰に何を任せるかが曖昧になりがちで選出が難しい面もあったためさらに上を目指すなら構築への理解度を高める必要があると思う。2メガ選出や2Z選出は一度もしていないが多分2Zはしてもいい場面はあった。

 

 

Specialthanks

・使い始めに選出や立ち回り、崩し枠の相談に乗ってくれたきよみずさん

・受けル視点の選出について教えてくれたたまさん

・なんやかんや色々教えてくれたたかきおす

・2000に乗ったのでまぜそばを奢ってくれるハオちゃん

 

 

誤字脱字とか文章が変とか質問とかあったらTwitter@0920Allまでお願いします。

あと対ありとか特に代わり映えのないこの記事の感想とかね、お待ちしております。

ほんとに待ってるから、一個もなかったら泣いちゃうからね。

 

2019年冬アニメ 感想

いつも通り画像も付けないし観終わって書けるようになった順。観終わり次第追記。紹介ではなく感想。2期目以降、リメイクなどは観ていても含めない。ものによっては酷評も多分するしそういうの気になる人は"今"ブラウザバックどうぞ。あとアレ、当然ネタバレあり。場合によっては原作の未放送分までするので注意(一応原作最新レベルのを書く場合はタイトルの横に再度注意書きは付ける)。

 

転生したらスライムだった件

2018年秋から継続。

主人公が完全に人間じゃないところを除けばだいたいテンプレの異世界転生俺つえーもの。

そのうち蜘蛛になるやつがアニメ化してくるらしい。

俺つえーと日常のバランスがよく視聴カロリーも低めでテンポよく消化できる感じも好感触だが展開は終始テンプレなので面白いことは面白いが面白い以外に言うことはない。

意地でも2クールともOPを寺島に歌わせなきゃいけない理由がどこにあったのかが割と気になるところ。

分かってるよ、人間のときの声が寺島拓篤だったことくらい分かってる。

ただ2クール目のOPの「メグルモノ」は原作での大賢者(エイチアルモノ)や捕食者(クラウモノ)といったスキル名を意識したネーミングだったので好感度が高い。

 

・ケムリクサ

俺たちの信じたたつきをお前も信じろ。

けものフレンズの2期。

けものフレンズ2?

あれはけものフレンズ2の1期だから。

序盤はいつ切ってもおかしくないと思ってたけど気付いたら3位でゴールしてた。

初っ端から不安を煽る世界観で謎が多く中盤まで決定的なヒントが出てこないため視聴カロリーはクッソ高い。

中盤、日記の読み方が分かった辺りからヤバいこと(ストーリー的にもだしアニメの展開の巧さ的にも)が起きているとじわじわ視聴者が気付き始める。

からの11話、明かされる世界の真相。

そして最終話にあの王道展開。

チートかよ。

ただ中盤まで面白さがはっきりしない作品は我慢が続いた人にしか伝わらず、また面白くなるまで長いため人に勧めにくいところもあるのでやり口としてはちょっと損してるように見える。

序盤と最終話観た後の評価の落差は今期No.1。

 

・わたしに天使が舞い降りた!

ウチのメイドがウザすぎる!の2クール目、ではない流石に。

ただちょっと次のクールという配置に悪意は感じた。

ロリコンの主人公がロリコン以外は基本万能の元自衛官陰キャ大学生という圧倒的敗北を喫しているがロリの性能は勝っていたので作品的には勝ってるような気がしないでもない。

OPEDが両方キャラソンだと大体良作の法則は健在だった。

とりあえずひなたちゃん可愛過ぎたね、イケメンだし。

基本的にロリはアホの子の方が好きなのでひなた、小依が上の方に来るがひなたと百合を形成するボーナスで乃愛の点数に補正がかかるので俺の好みはひなた>乃愛>小依>夏音>花になる。

あと松本割とすこ。

ちなみにだけど乃愛のママのあの感じは絶対押し切られて浮気セックスするNTR本が出ます、多分。

 

約束のネバーランド

圧倒的覇権。

原作絵はかなり特徴的なので作画はそこまで要求されないのかなと思っていたら作画まで完璧だった。

次の週が待ち遠しくなるような引きが毎週あるのは原作が週刊連載の漫画にあるアニメならではといった感じ。

必要な部分が原作からほぼ削られずむしろママ(イザベラ)の心情については追加で描かれている部分もあり最終話がより引き立っていた。

2期も決定してるし最高って感じだ。

ノーマン役・内田真礼に1話EDまで気付かず声優さんってすげえって思った。

 

・五等分の花嫁 ※原作最新クラスの話をするので注意

作画ァァァァァッ。

崩壊というほどではないがところどころかなり怪しかった。

原作より序盤の三玖無双が抑えられててちょっとだけ草生えた。

ほんとにフル佐倉綾音でやった方がテーマとしてはいい仕上がりになったと思うがいろんな意味で不可能だよねそりゃ。

全員おっぱいが盛られてた。

本命はアニメ最終回にもチラッと仄めかされてたけどハーレムルート、個別で収束するとしたら今のところ五月が本命。

現状のレースではマガジン本誌だと告白までしている二乃、最初に意識し始めてアピールを続ける三玖、迷いつつも仕掛けは意外としっかりしている一花、"あの娘"の正体と判明した五月、やっと意識し始めたくらいの四葉と続く感じ。

ただし一花お姉さんは五つ子テーマでそれをやったら負けでしょっていうことをやらかしているので多分負ける。

でも俺は一花お姉さんが好きです。ちなみに9割近い人が気付いていないと思うが最強はらいはちゃんだから。

 

ドメスティックな彼女

俺も合コンでたまたま出会った美少女にとりあえずのエッチに誘われて後日妹として出会いたい人生だった。

あとずっと憧れてた先生も後日姉として出会ってエッチしたい人生でもあった。

五等分の花嫁と違って作画は安定してたし出来としてはこっちの方がよかった気がする。

あとOPがクソかっこよかった。

 

火ノ丸相撲

2018年秋から継続。

途切れることがあれば基本的にそれは勝敗がついたときである相撲という競技をアニメにする難しさが如実に表れていた。

漫画は最も輝く瞬間を切り取って表現でき、原作の人気はそういった部分にあると思うが相撲のスピード感を表現し切れず動きのもっさり感が抜けなかったのが大きなマイナス。

全国大会に入ってからはかなりマシになっていたがそれでも原作の魅力を引き出せていなかった印象。

 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

今期の2位。

あとOP覇権。

前情報ではやや不作気味の2019年冬アニメの中で覇権候補のアニメが始まったと思ったらOPが鈴木雅之なの不意打ちが効き過ぎていた。

そのうえちゃんと聴くと普通シブくてにかっこいい。

基本的に意地を張り合いながら実質的にイチャつくワンパターンだがこのワンパターンが一生続いてくれればいいのにと思う程度にはかぐや様が可愛いし藤原書記が適度にウザい。

生きてくれ、石上。

 

・上野さんは不器用

変態純情マッドサイエンティストvs鈍感サイコパス

THE性癖。

水泳部の人がとてもエロい。

発明がいちいち実現したら世界のエネルギー問題とか資源問題を一気に解決してしまうレベルのものばっかでそこが毎回妙にツボだった。

あとその解説が井上和彦なのもツボ。

 

・風が強く吹いている

2018年秋から継続。

実は結構スポ根好きなのでとても面白かった。

作者は舟を編むと同じらしいしそら原作は安定してますわなって感じ。

弱小チームというかもはやチームでないところから箱根のシード権取るまでいくのマジスポ根サクセスストーリーしてて最高だった。

 

・荒野のコトブキ飛行隊

今期を語る上で外せない一作。

キービジュアル時点でいい感じのオーラは出てたけどそれを遥かに上回ってゴールした。

宝石の国あたりからいいCGアニメが増えた、ほんとに。

戦闘機とか全然詳しくないので分からないんだけど多分専門の人が見ても文句無いように作られてるんじゃないかと思う。

めちゃめちゃ細かいことをやってる気がする。

ザラお姉さんがえっちなんだ……ww。

何故そんなことになったのかとても謎だが今はもう実現しない矢島晶子藤原啓治の野原親子の掛け合いが発生していてテンションがあがった。

 

・えんどろ〜

久野美咲ってロリとショタしか役こないんですか。

水瀬いのりの歌が上手いくらいの感想しか残ってない。EDを聴くためにOPを聴いてCMを飛ばしてAパート見てCM飛ばしてBパート見てた説まである

あと俺は小澤亜李の声がとても好き。 

 

 

ブギーポップは笑わない

消化中

 

S13演習構築

初めましての方は以下略、Exitです。

Exitですって名乗って分かる奴、本垢のフォロワーに2人くらいしかいなそうだしこの記事読むようなフォロワーは多分アズールレーン垢にしかいないけどアズールレーン垢にブログを積極的に公開していないの我ながらクソ不毛なことをしているな。

ウォースパイト改が実装されるという噂が流れており強化という形とはいえ一旦この編成ともお別れの可能性があるため記録しておくことにする。

 

f:id:sosogi:20190115021206p:image

 

■クイーン・エリザベス

f:id:sosogi:20190111034713p:image

主砲-406mm三連装砲MK6

副砲-試製152mm三連装砲

対空-連装ボフォース40mm機関砲STAAG

設備-SGレーダー

設備-ビーバーズエンブレム

編成の軸。

単体だと平凡な戦艦止まりだがこの娘がいるだけでパーティ全体のパワーが格段に上がる。

圧倒的数値で押し潰すコンセプトの象徴。

最近の戦艦は設備枠にSGレーダーと一式徹甲弾を入れるのが一般的だが環境に多い長門の正面に座ることになるためBIG SEVEN-桜を意識して一式徹甲弾をビーバーズエンブレムに変更している。

前衛が軽巡で固められており相手の戦艦主砲の躱しづらさも緩和できるためこの選択は正解だったと思う。

 

■フッド

f:id:sosogi:20190115023534p:image

主砲-381mm連装砲改
副砲-138.6mm単装砲Mle1929
対空-連装ボフォース40mm機関砲STAAG
設備-高性能火器管制レーダー
設備-一式徹甲弾

高い対面性能に加え確率に依存するが起点作成もこなすオールラウンダー。

この枠が上手く動かせないと試合運びが怪しくなるため貴重な高性能火器管制レーダーと138.6mm単装砲Mle1929を回している。

 

モナーク

f:id:sosogi:20190115023505p:image

主砲-381mm連装砲改

副砲-試製152mm三連装砲

対空-連装ボフォース40mm機関砲STAAG

設備-SGレーダー

設備-一式徹甲弾

圧倒的火力で敵をねじ伏せるエース枠。

終盤の高速装填は圧巻の一言。

微量ながら自己再生能力まであり入手難度に恥じないパワーがある。

装填速度、命中を重視したテンプレ構成。

 

■ジュノー

f:id:sosogi:20190111034807p:image

主砲-155mm三連装砲

魚雷-533mm四連磁気魚雷

対空-四連装ボフォース40mm機関砲

設備-応急修理装

設備-バルジ

魚雷受け、全体で重めな航空攻撃のケア、回復役の3つをこなすパーティの潤滑油。

この枠を切るタイミングが勝敗に直結すると言っても過言ではない。

魚雷受けの役割があるためバルジは確定、あとはあまり早く落ちられても困るため耐久を確保できる応急修理装置。

 

ベルファスト

f:id:sosogi:20190115023642p:image

主砲-155mm三連装砲

魚雷-533mm五連装磁気魚雷

対空-四連装ボフォース40mm機関砲

設備-真珠の涙

設備-バルジ

初期の環境から前衛の頂点に君臨する最強のメイド。

現環境の前衛は基本的にオーロラを中心として神通改、雪風など軽装甲が多いためやはり榴弾にバフがかかるベルファストが刺さっている。

真珠の涙はジュノーに持たせる選択肢もあるが35%を一隻に固めてしまうとジュノーを切るタイミングが早まった際に回復量を無駄にしてしまうためベルファストに持たせることにした。

中装甲の前衛も増えつつあるためこれからも安泰とは言えないかもしれない。

 

ネプチューン

f:id:sosogi:20190115023721p:image

主砲-試製152mm三連装砲
魚雷-533mm五連磁気魚雷
対空-四連装ボフォース40mm機関砲
設備-応急修理装
設備-バルジ

徹甲弾ベルファスト

やはり蒼海の女神の回復が大きく、ジュノー、真珠の涙と合わせて異常な生存能力がある。

魚雷の機嫌次第ではフッド、モナークを抑えてMVPになることもあり火力面でも文句の付けようがなく極めて優秀なキャラと言える。

 

 

 

モナークネプチューンの加入により長門一航戦に支配されていた演習の頂点を奪還したロイヤルだが天城、飛龍改の実装でまた重桜の勢いが増しているためややめんどくささを感じている。

ウォースパイト改が全てを破壊するURになってくれることを祈っている。