TOP記事

TOP記事なるものも書いておこうかと。

 

基本はシングルを。

他のルールも楽しむ程度に。

 

シーズンごとに構築記事の真似事と雑に考えた単体考察、仕様、あとは暇なときにクソ記事なんかだと思います

 

記事的にはシーズンの終わりに日記的に構築を乗せたりしょーもない単体考察、仕様の検証、あとはネタ記事とアニメとにゃんこ大戦争アズールレーンもたまにって感じで。

 

Twitterやってるので何かあれば@0920Allに連絡してください。

 

 

Twitterアカウント : @0920All

2019年 春アニメ感想

いつも通り画像も付けないし観終わって書けるようになった順。観終わり次第追記。紹介ではなく感想。2期目以降、リメイクなどは観ていても含めない。ものによっては酷評も多分するしそういうの気になる人は"今"ブラウザバックどうぞ。あとアレ、当然ネタバレあり。

 

 

今期は割とというか、ここ3年で1番くらいの不作だったと思う。

 

 

・さらざんまい

いったい人はどういう生き方をすれば"繋がりたい"というテーマをあの形で描くようになるのか気になりまくる。

黒幕が人の欲や悲しみにつけこんでできた怪物を主人公たちが変身して倒すという流れがあまりにもプリキュアだった。

肛門から尻子玉吸い出したり肛門に突入して尻子玉かっぱらったり主要人物の2割がガチめのホモだったりクッソ汚いけどやってることは確かにプリキュアだった。

1話目は「は?」って言いながら見てたけど4話目くらいから「かっぱらったああああああ」と「さらざんまいっ」を一緒に叫ぶようになってた。

女児も画面に向かって叫ぶしこの点でも実質プリキュア。ちなみに最終話でも「は?」は言ってた。

河童が登場する日常系作品がいくつかあることも相俟ってキービジュアルだけ見たときは河童となんかするゆるいアニメだと思ってたのに意外と壮大な話と隙のない作画で度肝抜かれた。

尻子玉は抜かれてない。

今期を語る上で外せない一作だったし、なんなら多分年末にも今年を語る以下略って書くと思う。

終盤にOPを担当したKANA-BOONのメンバーが失踪してカワウソに攫われた説とかカッパになってた説浮上してたのが面白かった。

 

川柳少女

声優陣のハマり方がなかなか凄かった気がする。

期待されてたことだけを期待されてただけそのままやって終わった。

原作がマガジンの4コマ漫画のアニメ大抵下振れはしないが大きな上振れもしない。

 

・みだらな青ちゃんは勉強ができない

最近のアニメの中でツダケンを1番クソみたいな使い方をしたアニメ(褒め言葉)。

突然いい声でボケるのほんまにツボなので毎回笑えた。

タイトルの「淫らな」が漢字変換されていない、過激な部分はセリフの差し替えがあるなどこの手の作品のアニメ化の壁はモロに見えた。

見えただけで別にそこまで気にならないが。

OPEDが両方とてもよかった。

 

・ひとりぼっちの○○生活

なこちゃんが可愛い。

なこちゃんがとても可愛い。

なこちゃんがとにかく可愛い。

なこちゃんあまりにもお母さん過ぎた。

というか女の子みんな可愛かった、尺の都合上お嬢様の子の扱いテキトー過ぎたけど。

かいちゃん、全員は厳しいと思います。

クラス全員と友達になれる人間そうそういません、言い張ることは簡単ですが。

どうでもいいけどあのクラスの出席番号どういう法則で決まってんだろうか、「砂尾なこ」が4番、「一里ぼっち」が5番、座席から推測して「倉井佳子」が8番、「ソトカ・ラキター」が10番、「本庄アル」が23番である。

うーん、謎!w

ぼくも女子中学生になりたい。

ひとり○っちの○○生活とかそんな感じの薄い本出そう。

EDの「まるで夢で見たようなセリフなので一度は疑ってしまいますけれど」というフレーズが好み過ぎて毎回死んでた。

 

・Fairy gone

面白そうな雰囲気はあるなと思ってなんかボーッと見てたらよく分からんうちに終わってた。

雰囲気だけであんま中身なかった。

1クール空けて続きあるらしいけど見んかもしれん。

 

盾の勇者の成り上がり

うーん、ラフタリアが可愛い!w

ジョジョからくりサーカスの長期放送組に支えられていたもののかなりの不作だった2019年冬春クールの中で輝いていた一作。

ラフタリアが出てくるまで魅力あるキャラが武器屋のおっさんと奴隷商しかいない地獄の絵面を抱えてた。

最序盤にライバルキャラはどれだけ悪辣(クズ)でも小物(カス)ではいけないルールの違反にイラついてたし尚文の不憫さがエグ過ぎて俺も味覚障害になるかと思ったのでそんなに評価高くならん雰囲気もあったけどまぁそんなことなかったね。

他の勇者結局最後までカスだったけど。

クズとビッチの死刑止めたとこで直接的な表現はなかったけど「ああ、ここがタイトル回収かって思った。

OPEDどれもよかった気がするけど特に2期OPはアニメーションがくそかっこよかった。

2期がほんまほんまほんま待たれる。

 

からくりサーカス

3クールの

単行本43巻の作品を36話に詰め込むかなり無理のある構成で、原作を読んでいなくとも話がぶつ切りになっているのがわかるレベルだったが限られた尺の中で名作を名作のままアニメにしようという気概が感じられた。

放送が長期に及んだこともあって久々に終わるのが惜しいと思う作品だった。

 

ぼくたちは勉強ができない

主人公がクズじゃないニセコイ…ではない流石に。

まぁいたって普通にラブコメのアニメ化って感じだったし好きな人は好き、そうでもない人はそうでもない。

出来は決して悪くはないが飛び抜けていいわけでもない。

ちなみにそれがどうということではないけどOPでヒロイン3人が並んだときの真ん中はりずりんだった。

どうということはないけど。

EDが好き。

 

この音とまれ!

原作の魅力が出し切れてるかというと微妙かもしれん。

音楽系は素人に判断しにくいものだが琴とかいうとりわけ特殊なテーマは良し悪し分からな過ぎ問題があるし作る側も難しそうだと思った。

さとわが可愛くなるゾーンがもう少し先なので秋クールまで待機。

OPだけど蒼井翔太の声を聞くだけで笑い転げてしまう病に罹っているので辛かった。

【アズールレーン】委託の翌日への持ち越し

初めましての方は初めまして、そうでない人は以下略。

前置きとかめんどくさいので本題。

 

毎日22時に緊急の大型油田開発(8h)を期待しているプレイヤーは多いと思うが、稀に緊急で4つに加えて通常側にも大型油田開発が出てキャパオーバーすることもある。

23時以降であれば中型油田開発(4h)でも無駄が出る。

10h委託を出したときに限ってやたら油田開発がいっぱい出る、みたいなこともあるあるだろう。

実は日常資源開発ないし覚醒実証研究(以下資源開発)に更新されなくなる仕様を利用することで翌日に持ち越すことができる。

wikiなどには"通常側の委託を日付が変更されてから緊急帰還させると翌日に持ち越せる"と書かれているが実はこれだけでは不十分で朝まで委託画面を保持しないと更新されてしまう。

委託の更新がされなくなる条件がある。

それが委託の"完了"である。

日付が変わったのに半端に時間が長い割にそれほど旨味のないドリル委託や教科書T2委託が更新されずイライラしたことはないだろうか。

それは日付が変わった直後、資源開発に更新される前に委託を完了させてしまった場合に起こる。(2019年6月7日現在)

その仕様を逆に利用して以下の手順で油田開発を翌日に持ち越せる。

※例として緊急側に4つ、通常側に1つ油田開発(8h)があるものとする。

 

1.通常側の油田開発(8h)を開始させ日付変更後の更新を待つ。

2.更新と同時に資源開発(1h)を開始させ終了まで待つ。

3.資源開発(1h)を完了させ委託の更新を止める。

4.通常側の油田開発を中止する。

5.緊急側の油田開発(8h)を4つとも開始する。

6.寝る

 

資源開発が2hのしか出なかった人は2時まで起きとくしかない。

なおどうしても「1時とか2時まで起きてらんない。」という人は日付変更付近で終了する委託を完了させずに残しておいて、やりたくない委託が資源開発に更新されたことを確認してから完了させ、同様に通常側の油田開発を帰還させれば0時10分くらいには寝れる。

賢○の孫を切った話

このアニメ"を"切った、というより視聴者厳選"に"振り落とされたという方が正しいかもしれない。

 

このアニメをすごく面白いと思って見ている人には不快なものになると思うので読まないでください。

 

まず主人公がここ最近の異世界転生俺つえーなろう系、一部から〜スマホと呼ばれたりするものの中で1番痛々しい。

死因はまぁ日本人の死因からくじ引きで決めても某すばや某スラやのように転生後の方針に関わる展開にしなければそんな変わらんのでどうでもいいが、ド頭で「俺には前世の記憶がある」と言い放ったのにも関わらず常識がないキャラに仕上がったということは"教えてもらってないから"とか以前に少なくとも社会人として過労死するまでの前世の経験は一切活かされていない訳で、ぶっちゃけ人格破綻者の域である。

また無双する主人公においても承太郎やさす兄のようなやれやれだぜタイプや本主人公のようなあれ俺またなんかやっちゃいましたかタイプなどいくつかに大別されるが基本的に後者の方が不快指数が高くなりやすい。

また前者はその感情を表に出さないことも多いが後者はもれなく他のキャラが茶番に付き合わされるため二次的に不快指数を高めてしまう。

要するに何が言いたいかという基本的に画面が常にウザい。

 

周りのキャラについてだがヒロインがそんなに可愛くない。可愛いと思う人もいるかもしれないし作画がそんなによくないからなのかもしれないけどとにかくそんなに可愛くない。これは好みの問題かもしれないがやっぱそんなに可愛くない。

賢者、孫に常識を教え忘れる奴は賢くはない。

義理の従兄弟とかいうことになった王子、最初はなかなかいいキャラだと思ったが魔人を倒した後に兵士にわざわざ主人公が倒したことを叫ばせたところでとても萎えた。王である父親が主人公を軍事利用しないという約束をしているにも関わらずあの行動はカス過ぎる。15だか知らんが自分の立場わかってなさ過ぎだしそんな王子が育ってる時点で国のレベルが知れる。後に緘口令は敷くが完全に情報を止めておくことはできないという王の意向が明かされるとはいえ兵士が駆け付けた時点では完全に王子の判断ミスでしかない。

主人公のつえー属性を高めるために周りを下げる手法はよくあるが下げ過ぎた結果、周りがカスにしか見えないのはダメ。

 

そんでヒロインのところでも言ったが作画がそんなにいい訳でもない、というか結構怪しい。OPEDも別にそんなにな気がする。いいところがない。原作の魅力を全然引き出せていないのかもしれないし引き出してアレならなぜ人気になったのかが全く分からないレベル。

 

ここから大きく面白くなる展開を想像できないし万が一そうでもあの主人公が画面の真ん中にずっといるアニメを見続ける自信がないため切ることになった。

全然大丈夫

僕「全然大丈夫です。」

 

めんどくさい国語の先生「『全然〜』を含む文章は『〜ない。』が必要なんだよ。」

 

もっとめんどくさい僕「日本語には分かり切ったことを省略する文化があります。先ほど僕が言った『全然大丈夫です。』という文章においては『全然かっこ問題ないですかっことじる、大丈夫です。』と『問題ない』を省略しているだけなので『全然〜』の用法に誤りはないと思います。そんなことも察せないなら二度と登場人物の心情や筆者の考えを推測させるような問は出題するな。」

交通弱者

帰り道、最寄駅からチャリンコで坂道を登る。

少し前にチャリンコの買い物カゴいっぱいに荷物を入れたおばちゃんが同じく坂を登っている。

おばちゃん?

というには若過ぎるか、いやでもお姉さんってほど若くもない。

まぁおばちゃんでいいか。

その更に先から多分坂の上の中学からの帰り道であろう男子の集団。

勢いが死ぬおばちゃんのチャリンコ。

坂道+大荷物+チャリンコ、地獄だな。

広がって歩くな邪魔だ邪魔。

わかる、わかるよ、俺もやってた中学生のときはやってた。

今になってやっとちゃんと理解した気がする。

クソ邪魔。

 

歩行者が常に交通弱者とは限んねえな。

そう思った。